コラム

視力低下が気になったら!

視力低下の原因

インターネットやスマホ、タブレットなどと目の疲れや眼精疲労などの原因は多く挙げられます。情報化社会の進行は人々の生活を効率的で快適なものにしてきた一方で、目の健康にとっては過酷な状況を作ってしまったといえるのではないでしょうか。
加齢すること自体で目の筋肉や神経が弱り、結果として視力低下につながることも少なくありません。特に老眼が一気に進むことになる40代半ばから60歳前後にかけては、老眼が眼精疲労の原因になることも多くあります。
現代社会に多くみられるドライアイも視力低下との関係が指摘されています。ドライアイとは眼球の表面が乾いた状態になることです。その大きな原因となっているのが、スマホやパソコンなどの機器だといえるでしょう。機器を見ている時には、極端にまばたきの回数が減ることになり、知らず知らずのうちにドライアイの状態になります。
ドライアイに加えて、緑内障や白内障に見舞われることでも、視力低下が進むことがわかっています。

視力回復できるかも?

「悪くなった視力は回復するの?」という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。
結論からいえば、回復させることは可能です。
解決方法として視力回復トレーニングが挙げられます。具体的には目に関係する筋肉である毛様体筋や外眼筋を鍛えるという方法です。現代人の多くがスマホなどの見過ぎにより、焦点が近いまま目の周りの筋肉がこわばってしまい近視になるケースが増えています。
近視の状態を解消するためにも、トレーニングをして筋肉をほぐしてあげることが効果的といえるでしょう。また、顔を動かすことなく目を上下左右に動かす運動なども効果が期待できます。これらのトレーニングや運動に加えて、水晶体に良いとされるブルーベリーやほうれん草などを積極的に食べることも有用です。

これ以上低下させないために

視力低下を食い止めるためには、一にも二にも目にとって優しい環境を作ることが重要です。目の疲れや眼精疲労の原因となるパソコンやスマホ、タブレットなどを使う時間を、できる限り短くすることが大切といえるのではないでしょうか。「仕事や勉強などでどうしても無理」というならば、1時間に5分程度でも画面から目を離す時間を設けて目をリフレッシュさせることが必要です。
また、エアコンなどの風が直接目に当たるような環境も目を酷使することになります。先述した通り、ドライアイの症状が進むことで視力低下に拍車がかかってしまうことにもなりかねません。