コラム

瞼のスキンケア間違ってませんか?

顔が乾燥していると、つっぱり感や粉吹きに悩まされ、生活の質が低下しがちです。

特に瞼は日に何度もまばたきで動かすので、他の部分よりも乾燥が気になるパーツ。

瞼の乾燥を解決するには、部屋の湿度を上げるなどの対処法に加えて、スキンケア方法の見直しが不可欠です。

この記事では、瞼が乾燥してしまう原因と乾燥を防ぐスキンケア方法を紹介します。

 

瞼の乾燥の原因と症状

瞼は顔のなかでも特に乾燥しやすい部分とされています。

なぜなら瞼の皮膚は薄く、水分を保持する能力が低いからです。

また瞼は、水分の蒸発を防ぐ役割を持つ皮脂の量も少ないため、水分が蒸発しやすい構造になっています。

もともと乾燥しやすい瞼は、さまざまな条件下で乾きがちです。

瞼を乾燥させる要素の一つが、空気の乾燥です。

季節性やエアコンの使用による湿度の低下で、瞼の皮膚の水分が蒸発して乾燥しやすくなります。

また、スキンケアやメイクをするときに瞼をこすったり、コンタクトレンズを装着するために瞼を引っ張ったりするのも、瞼の乾燥を招く要因の一つ。

肌に強い刺激を与えると、水分が蒸発するのを防ぐ役割を持つ肌のバリア機能が低下します。

そのため瞼に刺激を与えると、どんどん乾燥しやすくなってしまうのです。

瞼の乾燥はつっぱり感や粉吹きなど、乾燥から直接もたらされる症状以外にも、さまざまな症状の引き金になります。

かゆみや赤み、小じわの発生に始まり、乾燥が深刻化すれば、皮むけや腫れなどを引き起こす場合もあります。

 

スキンケア方法が大切です

瞼の乾燥を予防するには、乾燥対策を意識したスキンケアが重要です。

具体的には、摩擦を排除したスキンケアを行うと良いでしょう。

前述した通り、摩擦は乾燥を招く要因の一つ。

目元をケアするときはこすったり引っ張ったりせず、できる限り優しく行います。

こすらないスキンケアを実践するときは、赤ちゃんの肌をイメージして肌に触れると良いでしょう。

自然と余分な力が抜けるので、こすらないスキンケアを簡単に実現できます。

瞼の乾燥対策では、保湿成分をたっぷり含んだ美容液やクリームの使用も大切です。

水分が逃げてしまいやすい瞼の皮膚に、スキンケアで潤いを与えてあげるのです。

瞼の乾燥対策を徹底したいなら、目元専用のクリームや美容液を使うと良いでしょう。

目元専用のスキンケアアイテムは、他の部分よりも敏感な目元に配慮した成分で作られているからです。

また目元専用のアイテムには、表情の変化によるシワ対策を意識した製品もあります。

 

症状が改善されないときは専門医を受診してください

瞼はもともと乾燥しやすい部分であることに加え、他の部分よりも刺激に弱いという特徴も持っています。

そのため瞼の乾燥が続くと、皮むけや腫れに代表される肌荒れを起こすリスクも高まります。

もし、スキンケア方法やスキンケアアイテムの見直しで瞼の乾燥が改善しないようなら、皮膚科などの専門医を受診してください。

専門医の指示の下で薬を使用し正しく治療していけば、乾燥に悩まされない潤いある瞼を取り戻せるでしょう。

 

正しいスキンケアで乾燥知らずの瞼を手に入れよう

瞼は他の部分に比べてデリケートなので、湿度の変化や摩擦などでいとも簡単に乾燥してしまいます。

瞼の乾燥を防ぐには、徹底したこすらないスキンケアと保湿力のあるクリームなどの使用が重要です。

正しいスキンケアを続ければ、乾燥知らずの瞼を手に入れるのも夢ではありません。

瞼の乾燥にお悩みの方は、今回紹介した方法を参考にスキンケアを見直してみてはどうでしょうか?