コラム

ビジョントレーニングについて

目の見る力、すなわち「視覚機能」を高めるトレーニングがビジョントレーニングになります。

ではビジョントレーニングを実践することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

スポーツ選手や子どもに高齢者など、幅広い世代の方に適しているものなので、内容を理解し状況に合わせて実践できるように考えていきましょう。

 

ビジョントレーニングについて

ビジョントレーニングは、視覚機能を鍛えるために複数のプログラムがあります。

例えばプログラムの1つとして、目と手の協応動作があげられます。

目から得た情報を使って手で叩くという内容で、目と手の協調性を養うことが可能です。

ほかにも見たいものに焦点を合わせやすくするために、眼球運動を鍛えるトレーニングもあります。

さまざまな動きを目で追っていくことで、動体視力や目と手の協応動作の基礎となる眼球運動が鍛えられます。

さらに周辺視や動体視力など、さまざまなプログラムを利用することで視覚機能を総合的に鍛えられるのがビジョントレーニングです。

3日に1回か2日に1回、10分程度実践するだけでいいので、誰でも無理なく始めることが可能です。

 

スポーツ選手やアスリートのトレーニングに取り入れられています

ビジョントレーニングは、スポーツ選手にも注目されています。

そもそもスポーツに関する能力を向上されるためには、動体視力や視覚能力を鍛えることも必要です。

運動神経が優れていても、動体視力が悪いと体が反応せずに十二分なパフォーマンスを発揮できない可能性があります。

そこでビジョントレーニングを実践することで、スポーツに必要な視覚能力を鍛えることにつながります。

 

子どもの発達や老化防止にも効果あり!

子どもの視力は6歳ごろまでに発達すると考えられていますが、資格能力は6~18歳の期間で成長しピークを迎えます。

そのため子どもの頃にビジョントレーニングを実践することで、ピークを押し上げて発達をサポートする効果が期待できます。

また子どもだけではなく、高齢者が視覚能力の衰えを防止するためにビジョントレーニングを利用するのも1つの手です。

高齢者ドライバーは動体視力検査の対策にもなります。

見えたものに対する反応が遅れることがないように、積極的にトレーニングを実践しましょう。

 

多くの方に役立つ可能性がある!

ビジョントレーニングは、スポーツ選手が見たものの動きに反応しやすくするために実践しているケースもあります。

またスポーツ選手だけではなく、視覚能力を子どもの頃に鍛えることで、ピークを押し上げる効果が期待できます。

さらに高齢者が実践するなら、目で見たものに反応できないという状況を減らし衰えを防止する効果が期待できるという点を押さえておきましょう。