コラム

眼精疲労は薄毛リスクを高める!!

最近目の疲れが酷いという人は、今は大丈夫だとしても実はこれから薄毛へと進んでしまうリスクが非常に高くなってしまう事がわかっています。

一見無関係に見える目の問題と頭髪の問題がなぜ繋がるのか?薄毛に繋がりやすい眼精疲労とはどんなものか?

また薄毛を進行させないために今からできる対処法はどんなものが有るかについて解説していきます。

眼精疲労とは

眼精疲労と聞くと単に目の疲れのことと思う人も多いですが、実際には区別されています。

単なる目の疲れは眼疲労と呼ばれており、一時的に目に疲れを感じたり目に痛みを感じる症状が出るものの、時間が立つと解消されます。

しかし眼精疲労は目を酷使することによって目の周辺が血行不良を起こし、その不調が蓄積された事によりおきます。

症状自体は眼疲労と同じく目の痛みや疲れなどですが、眼疲労とは違い放っておくだけでは時間がたっても改善することはありません。

また眼精疲労の特徴は目の症状だけにとどまらず身体の他の部位に問題が生じる点です。肩こりや日常的な倦怠感、頭痛やめまい、場合によっては吐き気を引き起こすこともあり、その症状は非常に多岐にわたります。

眼精疲労と抜け毛の関係

眼精疲労が体全体に問題を引き起こす事はすでに説明しましたが、頭皮ももちろん例外ではありません。

目を酷使する事によって目周辺の筋肉が凝り固まり、血行不良によって眼精疲労となって長く身体に影響を及ぼし続けることは、頭皮への血行不良にも当然ながら繋がっています。

眼精疲労が起きるほどの血行不良が起きているので頭皮への血流も滞り、十分な栄養が得られないと毛髪は十分に育つことができないので栄養不足によって抜け落ちてしまいます。

改善方法

眼精疲労はデスクワークでおきやすい症状であり、画面や書類を見て目を酷使する上に、ずっと首が同じ姿勢のままなので筋肉が凝ってしまいストレートネックになってしまうのが主な原因です。

そのためには仕事中に凝った首や目を軽くストレッチして滞った血流を改善する習慣を付けるのが効果的でしょう。

また規則正しい生活やしっかりとした睡眠をとれるよう生活習慣を見直すことが眼精疲労にはとても効果的なので、1日のスケジュールを見直してみるのも良いでしょう。

取れない目の疲れは薄毛への危険信号

眼精疲労が起きるのは、多くの場合で生活習慣や勤務中の姿勢に無理があることが原因と言われています。

何もしないままでは薄毛になるどころか、めまいや頭痛など複数の症状も現れて仕事の効率も落ちてしまうことでしょう。

仕事を効率よくやれるようにするためであり、薄毛に対処するためにもなりますので、眼精疲労を感じたら生活習慣を見直して自分を労ってあげましょう。