コラム

目の日焼け!一年を通してケアが必要

日焼けは肌だけに生じるとは限りません。

あまり知られていませんが、目も紫外線の影響を受けて日焼けの状態になることがあります。

痛みや炎症、視力低下などのトラブルに見舞われるおそれもあるので、正しい方法によるケアが不可欠です。

健やかな状態を保つためにも、目が日焼けする仕組みや対処方法について学びましょう。

 

目に与えるダメージ

目の日焼けは日光に含まれる紫外線によって引き起こされるトラブルです。

長時間、日光を直視すると目に痛みを感じることがありますが、これは紫外線の影響を受けているためです。

また、赤く腫れたり異物が入り込んだような感じがするのも日焼けの典型的な症状と言えます。

軽微な日焼けなら自然に治まりますが、いつまでも痛みや炎症が続くと視力低下やかすみ目などの重大なトラブルに見舞われるので速やかに医療機関で治療を受けなければいけません。

 

目に効果的な日焼け対策

目の日焼け対策で何よりも重要な点は日光に当たらないことです。

紫外線をカットする加工が施されたサングラスを使うなど、できるだけ日光の刺激を避けるように心がけます。

室内にいる場合も照り返しによって目の日焼けが生じる可能性があるので、窓や玄関に近づかないなどの対処が不可欠と言えるでしょう。

 

今が特に注意する季節

目の日焼けは日差しが強い夏季に多いイメージがありますが、実際は晩春から初夏にかけた季節がもっとも危険とされています。

体が春の柔らかい日差しに慣れているため、急激な日差しの変化に対応できなくなってしまうためです。

そのため、まだ日差しが強くないと感じられる時期でも目のケアを疎かにしてはいけません。

 

一年を通して対策を!

目の日焼け対策に休みはありません。

一年を通して日光に当たるため、常に日焼けのリスクは存在すると言えます。

サングラスを使うことはもちろん、目に潤いを与える効果がある目薬を使うのも良い方法と言えるでしょう。

その一方で使い過ぎるのも目に余計な負担をかけてしまう原因になるので、市販の目薬を使ってもあまり効果が感じられない場合は医療機関で検査を受けることを忘れてはいけません。

また、目をこするのも角膜を傷つける結果になるので避けます。

 

目のケアは健やかに暮らす必須条件

目の日焼けを放置すると視力低下など、視覚に大きな不具合が及んでしまいます。

健やかな暮らしを営むためには見えやすさが非常に重要です。

日頃から目のケアの重要性を理解し、日焼けを避けるように心がけることが大切と言えるでしょう。

医療機関で定期的に検査を受け、日差しを直視しないなど自分でできる予防策にも気を配ります。