コラム

涙袋と目袋の違いを知ろう!

涙袋に憧れている人も多のではないでしょうか。

でも、「このごろ、涙袋ができた」と思っていたら、実はそれは涙袋ではなく目袋だった、ということもあるので、注意が必要です。

そもそも涙袋や目袋とは、何なのでしょうか。

そして、どのように違うのでしょうか。

ここでは、この涙袋と目袋の違い、そして目袋ができる原因やケアについて説明していきます。

 

涙袋とは?

涙袋は目のすぐ下の膨らんだ部分で、眼輪筋(がんりんきん)という目を覆う筋肉の一部が盛り上がったものです。

この眼輪筋が発達している人は、涙袋ができやすいと言えます。

また、顔立ちによっても眼輪筋が目立つかどうかは違います。

目の下の眼輪筋が目立ちやすい顔立ちの人は、涙袋ができやすいと言えるでしょう。

涙袋は一般に、良い印象を持つ人が多いようです。

そして涙袋は涙堂(るいどう)とも呼ばれ、人相学では女性の場合「良縁や子宝に恵まれる」とされています。

 

目袋とは?

目袋は涙袋よりも下にできる膨らみで、筋肉ではなく脂肪などが溜まったものと言われています。

目袋は、いわゆる「目の下のクマ」で、涙袋と違って老けた印象や疲れた印象を与えてしまいます。

また、もともと涙袋のある人に目袋ができると、涙袋がきれいに見えなくなってしまうことが多いです。

このように、目袋は涙袋と違って美容にも大敵と言えます。

 

目袋ができる原因

目袋は、目の下に脂肪などが溜まることによってできます。

その原因としてはいくつか考えられますが、寝不足や疲労、そして乾燥などによってできることが多いです。

PCやスマートフォンでゲームを長時間やったりすることも原因になるので、注意しましょう。

また、目の筋肉の衰えも目袋ができる原因となります。

特に歳を重ねると目の筋肉も低下するため、目袋もできやすくなると言えます。

 

違いを知ってしっかりケアをしましょう

涙袋と違って目袋は美容にとっても大敵で、きちんとケアするが大切です。

特に寝不足や疲労、乾燥などには十分注意する必要があります。

目が疲れたときは、ホットタオルなどで温めることも効果的です。

また、目の筋肉の低下を防ぐトレーニングも効果があります。

歳を重ねるとだんだんケアもしにくくなるので、若いうちからしっかりとケアをするよう、心がけましょう。

 

目袋の予防にはケアが大切

涙袋は良い印象を持つ人が多いですが、目袋は老けたや印象や疲れた印象を与えてしまい、美容にとっても大敵です。

目袋は寝不足や疲労、乾燥などでできやすいので、こうしたことに注意する必要があります。

また、目の筋肉の低下も目袋の原因となるので、目の筋肉のトレーニングも効果的です。

若いときから、しっかりとケアをしておきましょう。