コラム

加齢黄斑変性について

より快適に生活を送るためには、目の健康を維持することが大切です。

気になる目の病気として加齢黄斑変性が挙げられます。

その病名にもあるように、加齢が主な原因となって発生する病気ですが、喫煙や偏った食事、遺伝などに起因するケースも少なくありません。

現在では薬物療法と光線力学的療法を組み合わせるなどの治療方法が確立しており、早期に治療することが重要です。

詳細について見てみましょう。

 

どんな病気?

加齢黄斑変性とは、加齢に伴って生じる変化や光障害、タバコや遺伝的要素などによって起こる目の病気です。

主に網膜の中心部に位置する黄斑と称する部分に異常が発生して見え方が徐々に悪化していきます。

個人差はあるものの、概ね50代以降に発症するケースが多いとされ、発症者の数は年々増加傾向にあります。

網膜は外部から入ってきた光を情報として伝える重要な役割を担っておりその中心にある黄斑は僅か半径3ミリ程度の大きさながら、色を選別したり細かいものを見分けたりしていますが、それらの機能に障害が起こる病気です。

 

原因は?

加齢黄斑変性の原因については、病名からもわかるように主に加齢による老化現象の一つといわれています。

また、加齢以外でも喫煙や欧米型の食生活による野菜不足、遺伝などが原因と考えられます。

 

治療方法は?

薬物療法や光線力学的療法が主な治療方法です。

薬物療法では、VEGF阻害薬と呼ばれる薬剤を眼球に注射して治療していきます。

注射の前には麻酔を使うため、治療に伴う痛みはほとんどありません。

数日間にわたって治療することから入院治療が望ましいですが、通院でも可能です。

注射は概ね4〜6週毎に2、3回射って症状の変化をみながら医師が治療方針を決めます。

一方の光線力学的療法では、薬物療法と組み合わせて行うのが通常です。

端的にいえば注射とレーザー照射を同時に行い、より治療の効果が期待できます。

 

早期治療しましょう!

加齢黄斑変性の兆候がある場合には、早めに眼科医の診断を受けるようにしましょう。

他の病気と同様に早期治療を受けることで、視力低下や失明などの重篤な症状になることを回避することができます。

自覚症状がない場合でも、年に一度は眼科を受診して眼底検査を受けることが大切です。

 

求められる早期対応!励行したい定期検診

加齢黄斑変性は加齢によって発生する目の病気であり、近年では50代以降の患者が増える傾向にあります。

原因として考えられるのは、加齢の他にも喫煙や遺伝、偏った食事などです。

主な治療方法には薬物療法と光線力学的療法があり、これら二つの療法を組み合わせて行う症例が増えています。

早期発見早期治療が何よりも大事なことから、定期的な眼底検査が必要です。