コラム

目元のクマの種類によって対処法が違うって知ってますか?

目元にクマがあるだけでなんだか元気がないような印象を与えますよね。

クマをなんとか解消したいと思う方も多いのではないでしょうか。

実はクマには3つの種類が存在し、それぞれ対処法も異なるのです。

クマを解消したいのなら、種類にあった方法を取ることが重要です。

目元のクマの原因と対処法を種類ごとに解説していきますので、クマに悩んでいる方は参考にしてください。

 

まずはクマの種類を知ってますか?

目元のクマには青クマ、黒クマ、茶クマの3つの種類があります。

青クマは皮膚の下を流れる静脈がが見えることでできるクマです。

目尻を引っ張った時に薄くなったり、肌色に戻ったりする場合は青クマだと判断できます。

黒クマは下まぶたがたるむことで影ができ、目元が黒っぽく見える状態を指します。

顔を上に向いた時に色が薄くなる場合は黒クマです。

目尻を引っ張ったり、上を向いたりしても色が変わらない場合は茶クマであると見分けられます。

茶クマは色素の沈着よって発生するクマです。

クマの見分け方は簡単にできるので、自分のクマがどの種類なのか把握すると良いでしょう。

 

クマの原因と対処法

青クマの原因と対処法

青クマの原因は血行不良です。

パソコンやスマホの使い過ぎ、寝不足などによって目の周りの血流が滞ると青黒いクマが出てしまいます。

そのため、血行を改善するのが重要です。

目元を温める、マッサージをするなどの方法により血行の停滞を防ぐことで、クマの解消につながります。

黒クマの原因と対処法

黒クマは加齢による筋肉の衰えや顔のむくみによって起こります。

対処法としては眼輪筋を鍛えることが有効です。

むくみやすい方は、冷たいものを飲まない、塩分を控えるなどのむくみ対策も重要です。

顔のリンパをマッサージするのもおすすめです。

茶クマの原因と対処法

茶クマは皮膚の刺激による色素沈着が原因です。

クレンジングの際に強くこすっていると起こりやすくなります。

乾燥や紫外線による影響も大きいです。

茶クマがある場合は、洗顔方法を見直してなるべく擦らないようにしましょう。

保湿をしっかり行い、メラニンを還元する作用がある美白コスメを利用するのも良いです。

 

自分に合った対処法でクマのない顔に!

クマは種類によって原因が異なります。

適さない対処法を取っていても原因にアプローチできず、クマも解消されません。

自分がどのタイプのクマであるのかを知って、原因にあった対処法を取るのがポイントになります。

 

自分のクマの種類を知って、正しい対処をしましょう

クマがあるだけで顔の印象は左右されますよね。

解消したいのなら、血行不良から起こる青クマ、たるみやむくみから起こる黒クマ、色素沈着によって起こる茶クマの3つの種類があることを理解するのが重要です。

見分ける方法は難しくないので、まずは自分がどのタイプなのかを知るようにしましょう。

その上で正しい対処法を心掛けるようにしてください。