コラム

まつ毛エクステ・つけまつ毛が与える目への負担

男性も付ける時代!目への負担は?

まつ毛エクステを付けるのは女性だけではありません。美意識の高い男性が増えて、性別を問わずまつ毛エクステを付ける人が多くなりました。

そこで注意しなければならないのが、つけまつ毛をしたまぶたに大きな負担がかかってしまうことです。

まつ毛エクステを付けると、1年間で95kg程度の負担がまぶたにかかってしまうというデータもあります。大きなお相撲さんを持ち上げるくらいの負担がかかってしまうとは驚きですよね。

まぶたにかかる負担はそれだけではありません。 つけまつ毛を剥がす時にも、まぶたには大きな負担がかかります。中にはまぶたのことを気にせず、思いっきり引っ張ってつけまつ毛を剥がしている方もいるのではないでしょうか。

まぶたに負担をかけると、たるんで腫れぼったくなったり、眼精疲労や肩こりなどの症状を引き起こすこともあるので注意してください。

対処法

まぶたに負担をかけないための対処法ですが、まずはつけまつ毛の剥がし方に気を配りましょう。力任せに引っ張るのではなく、まずは目元をコットンなどで湿らせて優しく剥がすようにしてください。ポイントは目尻の方から、ゆっくり剥がすことです。

まつげエクステをしている方は、メンテナンスをしっかりすることも大切です。メンテナンスをせずに使い続けると、地のまつ毛が抜けてしまったり、まぶたがたるむなどのトラブルが起こります。そうならないように定期的にお店に出向き、メンテナンスをしてもらってください。

まぶたの筋肉を鍛えるのも効果的

まぶたは筋肉が弱ってくるとたるんでしまいます。また、まぶたが弱った状態でまつ毛エクステをつけると、負担に勝てずまぶたがたるんでしまうので注意しましょう。

それを防ぐためには、まぶたの筋肉を鍛えるのも効果的です。普通に生活しているだけでは、なかなかまぶたの筋肉を鍛えられないので、時間のある時に体操をしましょう。

まず目を上下左右にゆっくりと動かします。あまり激しく動かすと、目が痛くなったり立ちくらみすることがあるので注意してください。

その後は目を大きく見開いたり閉じたりを繰り返します。この時も8秒ほどかけてゆっくり動かすことがポイントです。

今度は眉毛を限界まで引き上げて8秒キープし、ゆっくりと元に戻します。

この3つの体操を順番に行うことで、まぶたの筋肉を鍛えることができます。長時間行う必要はなく、毎日1回この体操をするだけで十分効果があります。しっかりまぶたの筋肉を鍛えておけば、まつ毛エクステやつけまつ毛の負担に負けない、強いまぶたにすることが可能です。