コラム

見た目の印象を決定づけるのは目元!?

年齢は目元に出やすい

年齢というのは、目元に出やすいものです。目元は顔のなかでも、特に見た目の印象を決める大切なパーツです。なぜなら、シミやシワ更にはたるみなど、目の周辺には加齢による変化が起きやすいのです。

初対面の時に、人の視線は目元に集中しやすく、その時の第一印象で年齢のイメージが決まってしまう可能性があるのです。

シミやシワなど目元老化が進んでしまうと、実年齢よりも上に見えてしまう可能性があるのです。

目元老化の原因

目元老化の原因には、肌の乾燥が考えられます。目元の周辺の皮膚は薄く、また皮脂も少ないため外部からの刺激にとても弱いのです。加齢により、肌から水分保持力が失われ、乾燥肌になりやすくなります。肌が乾燥してきたことにより、肌の弾力を支えてくれるコラーゲンの減少にも繋がり、シミやシワまたはたるみといった目元老化を引き起こすのです。

目元老化が起こると、見た目の印象が実年齢よりも上に見せてしまうかもしれません。

また、表情筋が低下してきたことも目元老化の原因になるのです。表情筋というのは、顔を支える筋肉のことです。体が筋肉によって支えられているのと同じように、顔もまた筋肉によって支えられているのです。目の周辺には眼輪筋と呼ばれるドーナツ状の筋肉があり、この筋肉があることで目の開閉を行うことができるのです。

加齢により筋肉が衰えるとくると、まぶたが次第にたるんできます。たるんだまぶたが下がってくると、眼が小さく見えてしまい老化目元となってしまうのです。

予防・改善

肌の乾燥を予防するためには、生活習慣を見直すことも大切です。どれだけ保湿効果の高い化粧水や乳液をつけたとしても、肌に悪い生活習慣をしていた場合は、その効果を期待することはできません。

特に睡眠と食生活を改めることで、肌の乾燥を予防することへと繋がります。睡眠中、肌細胞は分裂を行うことで、再生を繰り返しているのです。十分な睡眠をとらないままでは、肌の再生が遅れてしまいます。また、食生活の改善を行うことも大切です。栄養バランスが偏ってしまうと、肌に十分な栄養が行き届かず、乾燥肌になってしまう可能性があります。

目元老化を予防するためには、十分な睡眠と規則正しくバランスの良い食生活を心がけましょう。

目元老化を改善するには、眼輪筋を鍛えることも必要です。まずは、凝り固まった筋肉を解しておくことが大切です。それから、額に手を当てて軽く押さえるようにします。そして、額を押さえたままの状態で目を開け閉めします。この動きを1度に3回繰り返すことで眼輪筋が鍛えられ目元の印象が変わります。仕事や家事の合間にこまめに行うと効果的です。