コラム

眼筋の硬直が体の不調に繋がる事も!

眼筋とは?

眼筋とは、眼球内に存在する「内眼筋」と外側にある眼球運動を司る「外眼筋」の二種類があります。

これらの筋肉は、長時間パソコンで作業する、スマートフォンを見続けるなどをすることによって硬直していきます。硬直してしまうと血行不良を引き起こしてしまい、慢性的に頭痛や肩こりなどの症状が現れます。ひどい時には軽いうつ状態にまで症状が、進行することもあるため注意が必要です。

このような状態のことを「眼精疲労」といい、休息や睡眠だけでは回復しにくいのが特徴となっています。

眼筋が硬直してしまう原因は様々で、パソコンなどの手元作業を長時間行っている、暗いところでスマートフォンを利用する、度の合っていないメガネなどを使用しているなどが挙げられます。

疲れ目を放置しないで!

眼筋の硬直はいきなり起こるのではなく、その前段階として疲れ目という症状があります。疲れ目は一時的な症状で、目が重い、かすむ、充血するなどの状態になります。疲れ目は一時的な症状のため適度な休憩をしたり寝たら治ります。

しかし、寝たら治るからといってそのままにしておくと、眼筋が硬直していき眼精疲労につながっていきます。そうなると、休んでも治らない状態が続いてしまいます。

放っておくと、一時的に目が重くなるなどの症状だけではなく、慢性的な頭痛などの悩みにつながっていきます。

また、不快感がストレスになってしまい自律神経のバランスが崩れると、涙の分泌が少なくなりドライアイにつながったり、不眠などの症状が出てくることも考えられるためしっかり疲れ目は改善していくことが重要です。

改善法

疲れ目や眼精疲労は、効果的な特効薬のようなものはないのが現状です。ビタミンが配合された目薬を利用したり、目の周りをマッサージするなどの対処を行うことができます。

疲れ目程度であればセルフケアや休息だけで改善できるケースもありますが、自力で眼精疲労を治すのは難しい場合もあります。

そんな時にできる改善方法としては、低周波治療を行うこともオススメです。眼精疲労の原因になっている硬直した眼筋に低周波を当てることによって、筋肉をほぐすことができ症状を緩和させることができます。

マッサージなどは毎日ケアすることによって効果が出ますが、低周波機を利用すれ効果的に悩んでいる部分の硬直をほぐせます。

また、レーシックを行っていても使用することができたり、週に1〜2回のケアだけで結果が出るというのもメリットと言えます。