コラム

【デジタル眼精疲労】近年、子供に増加!

近年、デジタル眼精疲労を発症する子供が増加しています。

主な原因として、スマホやパソコンの使用が挙げられています。

そのまま放置していると、肩こりや頭痛などを発症して、健康に悪影響を与える可能性があります。

早めに対策を行って、子供をデジタル眼精疲労から守りましょう。

デジタル機器の使用時間を制限することも大事です。

 

原因

子供がデジタル眼精疲労を発症する主な原因は、スマホやゲームの使用時間が長いことです。

長時間にわたって、近距離からデジタル機器の画面を見続けていると、目の筋肉が固定されて血行が悪くなります。

ピント調節ができなくなりますから、目に大きな負担がかかりますよね。

また、まばたきの回数が減るために、ドライアイになりやすいという特徴があります。

さらに、デジタル機器の画面からはブルーライトが出ています。

刺激が強いために、目が疲れやすくなりますから気をつけましょう。

デジタル眼精疲労を発症すると、肩こりや頭痛などを引き起こすことがあるので注意が必要です。

 

対策

視力に悪影響を及ぼす危険性がありますので、子供の目をデジタル眼精疲労から守りましょう。

まずは、スマホやパソコンなど、デジタル機器の画面を暗めに設定することが大事です。

ただし、室内の照明が明るいと効果がありません。

少し暗めの照明にしましょう。

さらに、画面までの距離を長くすることがポイントです。

画面が見にくい場合には、画像や文字を大きくすることがコツです。

尚、20分から30分に一回を目安にして、画面から目を離すようにすれば、目にかかる負担が軽くなります。

意識的に、画面から目を離す習慣を身につけましょう。

 

子どもの様子を見て注意しましょう!

スマホやパソコンが好きな子供はたくさんいます。

ただし、デジタル機器を使用中に、子供が目をこすったり、目を細めたりしている場合には要注意です。

目に大きな負担がかかっている可能性があります。

デジタル眼精疲労を防ぎたいなら、使用時間を制限しましょう。

空いた時間に外で遊ぶ方法はおすすめですよ。

また、ホットタオルで目元を温めたり、マッサージを行ったりすれば、血行がよくなります。

さらに、眼筋トレーニングを取り入れることによって、目の周りの筋肉を鍛えることができます。

疲労回復が早くなりますので、定期的に行いましょう。

尚、視力が衰えたように感じた時は、速やかに眼科で受診することが大切です。

 

子供の目を守るための秘訣

長時間、デジタル機器を使っていると、子供の目に大きな負担がかかります。

デジタル眼精疲労を発症する恐れがありますので、十分に気をつけましょう。

視力が衰える原因にもなります。

デジタル機器の画面から目を離したり、使用時間を制限したりすることが大切です。

また、眼筋トレーニングを行って、目の周りの筋肉を鍛える方法はおすすめです。