コラム

白目をきれいに保つ方法

白目をきれいに保つには、日頃から目を酷使しないように気を付けたり、目薬をさしてみるなどのケアをすることが大切です。

白目が充血していると、見た人に心配されてしまったり、自分でも目の状態が気になって不安になってしまうこともあるかもしれません。

ここでは白目をきれいに保つための方法について詳しく紹介していきます。

 

白目が充血する原因

白目が充血してしまうのは、目を使いすぎてしまった時以外にも、結膜炎やアレルギーといった病気が原因の時、肝臓の調子が悪い時、ストレスがたまっている時、紫外線などによる目へのダメージが蓄積された時など、様々な要因が考えられます。

何故目を使い過ぎた時に白目が充血してしまうのかというと、目にたくさんの栄養を運ぶため血流量が増えて血管が太くなり、普段は目に見えない血管がくっきりと見えるようになってしまうからです。

また、花粉症などのアレルギーが原因で充血している時は、目がかゆくなってしまうこともあります。

この時、目に傷がついてしまうかもしれないので、手でごしごしと乱暴に目をこすらないように注意しましょう。

結膜炎はプールなどでウイルスに感染することでかかってしまうことが多い病気です。

目に痛みが走ることもあるので、症状がでたら我慢せずに病院で診てもらうようにしましょう。

 

きれいに保つ方法は?

白目をきれいに保つ1番の方法は、日頃から目を使いすぎないようにして、疲れがたまったらこまめに目を休ませることです。

目が疲れてしまう習慣が身についていないかチェックして、なるべくスマホやパソコンなど、目に負担をかける道具を使わないようにしましょう。

さらに、目薬を使って目に良い成分を取り入れてあげるのもおすすめです。

自分の目の状態に合った目薬を使えば、疲れがたまりにくくなったり、不快な症状を和らげることができる場合もあります。

また、定期的に眼科で診てもらい、医者から白目をきれいに保つための適切なアドバイスをもらうのも良い方法です。

加齢で白目が濁ってきたかもしれない場合でも、病院で相談してみることで、思わぬ病気が潜んでいないか調べてもらえることができます。

 

黒目を大きくすることと一緒に白目のケアもしましょう!

黒目を大きく見せるためにカラコンを使用する方も多いかもしれませんが、白目も日頃から充血や濁りがないようにきれいにケアをしておくことで、さらに目の美しさをひきたてることが可能となります。

白目の状態が良ければ黒目の存在感もさらに目立つようになりますし、マスカラなどのメイク映えもばっちりです。

肌の状態を良く保つために化粧水や美容液をつけるように、目にも疲れがたまらないよう注意したり、目薬をつけてみるなど、白目のきれいさを保つためのケアも日常的に取り入れてみましょう。

 

日頃から目の状態をチェックしておこう

白目の充血や濁りは、疲労の蓄積やストレス、アレルギーなどの病気、肝臓の不調などが原因である場合が多いです。

自分にあてはまるものがないか1つずつ調べていき、疲れが原因なら目のケア用品を使用してみたり、ストレスがたまっていると思うなら、それを解消するように行動してみると良いでしょう。

日頃から目の状態に注意しておけば、美しい白目を保ちやすくなります。