コラム

運転中の疲れ目について

運転が好きでよくドライブをしているという方や、お仕事で車を運転する機会が多いという方もいるのではないでしょうか。

運転していると、どうしても目が疲れてきてしまいますよね。

しっかりと対処しなければ、快適な状態で運転することが出来なくなります。

運転中にどうして目が疲れるのか、疲れたときにどうすればいいのか見ていきましょう。

 

どうして疲れるの?

運転中に目が疲れてきてしまう理由の一つとして、まばたきする回数が減っているというのが挙げられます。

安全運転を心がけ、周りに注意を払っていると、集中力が高まり自然と瞬きしなくなってしまうものですよね。

目が乾いてしまったら、視界が悪くなるだけではなく、目を開けているのも辛くなってしまうのではないでしょうか。

特にコンタクトをつけている方は、乾燥しやすくなっているので注意が必要です。

 

疲れた時は・・・

運転しながら目が疲れてきたと思ったら、しっかりと休憩を取るようにしてください。

長時間の運転は目の疲れをさらに悪化させてしまい、トラブルに繋がる恐れがあるので注意しましょう。

休憩の際、必ず自動車がとめられる場所か安全確認を忘れないようにしてください。

シートを倒して目をつむり、目を休ませてあげるといいでしょう。

目の乾燥が気になる方は、保湿してくれる目薬を使用するのもおすすめです。

目の疲れに効果的なものもあるので、自分に合った商品を選ぶようにしましょう。

また、目の周りを温めてあげるのも大切です。

ホットアイマスクなどを用意しておき、休憩中に使用してみるといいでしょう。

目の周りの血行を良くすることで疲れが取れやすくなるだけではなく、リラックスまで出来たら嬉しいですよね。

 

疲れ目を防いで楽しいドライブを!

楽しくドライブをするためには、疲れ目にならないようにあらかじめ気を付けておくことが必要です。

意識的にまばたきするように心がけたりするといいでしょう。

また、睡眠不足だったり、目を酷使した後だったりすると、運転中に目が痛くなってしまう可能性が高くなるため、睡眠時間を多くしたりするなどの工夫が大切です。

友達や家族など、免許を持っている人と一緒にドライブをしている場合は、目が疲れる前に運転を代わってもらうのもいいでしょう。

 

無理をせずに休憩することが大切!

運転中は集中力が高まっているため、その分まばたきする回数も減り、目の乾燥が進んでしまいますよね。

その結果、目が疲れてしまって運転しにくくなります。

疲れたと思ったら無理をせずに、休憩を取るようにしてください。

また、目薬やホットアイマスなどのグッズを持っておくのもおすすめです。

自分に合った様々な対策をして、ドライブを楽しみましょう。