コラム

「花粉症」花粉の飛散ピークがやってきます!

眼精疲労などの理由で視力の低下に悩んでいる人が、注意をした方が良いのが花粉です。

重度の花粉症の人は特に気をつける必要があり、花粉が目から大量に侵入すると、目の健康にさらなる悪い影響を与える場合もあります。

花粉が飛び散る季節の前に効果的な対策をしておくことで、花粉の被害を少なくすることが可能ですが、ここでは目の健康に役立つ、花粉対策に関する情報について、詳しく紹介します。

 

花粉の飛散時期は地域によって違います

花粉の被害から目の健康を守るために知っておいた方が良いのが、花粉の飛散時期です。

日本は縦に長く伸びている島国であることから、花粉が飛び散るピークの時期も、住んでいる場所によって異なっています。

同じ種類の植物でも花粉が飛び散るピークは地域によって異なっていて、平均気温が高い地域ほど、花粉の飛び散るピークも早くなる傾向があります。

地域によって自生している植物の種類が違うことも花粉の飛散時期が異なっていることの理由になっていて、植物の種類によっては、秋が花粉のピークになることもあります。

 

花粉症の植物の種類

花粉症の原因となる植物として、特に影響力が大きいのがスギとヒノキです。

スギとヒノキは日本各地の山野で植林されているので、全国的な規模で花粉が飛散しています。

スギ花粉のピークとなる時期は、毎年2月から4月にかけての時期です。

飛散量も多く、遠距離まで飛び散るため、毎年多くの人がスギ花粉の被害に悩まされています。

ヒノキの花粉はスギよりも若干ピークの時期が遅く、毎年3月から5月ごろに、多くの花粉が飛散します。

北海道で花粉症の主な原因になっているのがシラカンバの木で、花粉が飛び散るピークは、毎年4月から6月ごろの時期です。

 

花粉症の人は早めの対策を!

毎年花粉の被害に悩んでいる花粉症の人は、早めの対策をすることで、目を花粉から守ることができます。

目に花粉が入るのを防ぐために、役立つアイテムがメガネです。

通常のメガネでも花粉をある程度ブロックできますが、肌とメガネの隙間を少なくしたゴーグルタイプのメガネも、花粉症対策には効果的です。

花粉が飛び散る季節になってからあわててメガネを準備すると、目の健康に悪い影響を与えてしまう場合もあるので、花粉が飛び散るピークより前に準備しておけば、目の健康も維持しやすくなります。

 

正しい花粉症対策で守る目の健康

大切な目を花粉症の被害から防ぐためには、正しい対策法が不可欠です。

花粉が飛び散るピークの前にしっかりと準備しておくことが、効果的な花粉対策をするためのコツですが、スギの花粉が飛び散るのは毎年2月ごろからです。

目の健康を維持するためには、日ごろから目のトレーニングをすることも大切で、眼筋をトレーニングできる健康機器も販売されているので、興味のある方はチェックしてみてください。