コラム

目尻のシワが気になったら!

目尻にシワがあるだけで実年齢よりもはるかに老けて見えるのは珍しいことではありません。

いつまでも若々しく、張りのある肌を保つことが目尻のシワを防ぐための条件と言えます。実年齢よりも老けて見られるのを防ぐため、目尻のシワができる理由や綺麗で瑞々しい肌を保つ効果を持つストレッチの方法について学びましょう。

肌を傷める環境に長く居ることがシワの発生に繋がる

目尻のシワはカラスの足跡とも呼ばれ、その深く大きなシワは実年齢よりも遥かに老けて見えるマイナスの効果を持っています。

肌のシワは加齢に伴う肌の老化で生じるのが普通ですが、目尻のシワに関しては若い頃に肌を傷める環境に長く滞在していたことが大きな理由です。

乾燥した屋外に居る時間が長い人ほど、後になって目尻のシワに悩まされる可能性が高くなります。

乾燥と紫外線による強い刺激によって肌が傷つき、やがて弾力性が失われて硬化します。

こうなると新陳代謝も低下して老廃物が溜まってしまい、表皮の細胞が形成される際の障害になります。結果、顔の表皮でも柔らかい目尻の部分に深いシワが刻まれ、老けた見た目になってしまうのです。

眼輪筋の衰えが目尻のシワを形成する

眼輪筋は目を囲む形状になっている筋肉です。

まぶたの動きに大きく関係する筋肉であり、この筋肉が衰えると硬化してしまい、まばたきの動きに異常をもたらします。

また、眼輪筋が硬化すると表皮が引っ張られてしまい、目尻のシワができやすくなります。

目尻のシワが深く刻まれている人の多くは中高年層ですが、これは加齢による眼輪筋の硬化がシワの形成に繋がっているためです。

眼輪筋と同様に表皮も加齢によって弾力性が減るので、一度シワが形成されると簡単には消えません。

目尻のシワはマッサージで減らす

加齢によって固くなり、老廃物も溜まった表皮に形成されたシワを消すのは容易ではありません。

しかし適切な方法によるマッサージを施すことで刺激をもたらし、シワを減らすことができます。

人差し指をカギ状に曲げた時に生じる平らな部分を目尻に当て、少し圧をかけながらまぶたの開閉を10回ほど繰り返すことで眼輪筋や表皮をほぐすことができます。

この方法は余計な摩擦が生じないので傷やシワができる心配がありません。デリケートな目尻部分の状態を改善するのに最適な方法と言えます。

シワができても適切に対処できれば改善は可能

目尻に深いシワができたら年寄りの仲間入りという考えは昔の話です。

肌を傷つけない、適切な方法によるマッサージを施せば深く刻まれたシワでも数を減らすことができます。

また、日頃から肌への刺激を避け、潤いを保つように心がけることもシワのない綺麗な肌を保つための条件なので、適度なスキンケアを怠ってはいけません。